tks旅行記

泥どろのハイキング(金時山・明神ヶ岳)

金時山とは箱根にある山の一つです。標高は約1200mです。
朝9:45に金時登山口から登り、矢倉沢峠というところを経由して
金時山に登りました。天候は晴れを期待していましたが、写真の通りです。
b0160184_22311485.jpg

b0160184_22315873.jpg

雪解けでドロドロの山道を登り、11:00頃金時山に到着しました。
ここで前回アップした猫のお出迎えです。
b0160184_22402669.jpg

b0160184_2232461.jpg

b0160184_2241592.jpg

写真では雪道に見えますが、実際には雪が解けた泥道で足がかなり重いです。(以下からGRDです。)
b0160184_2257514.jpg

金時山を下山して、一旦矢倉沢峠に戻り12:00くらいに昼食をとりました。
それから明神ヶ岳を目指しました。
b0160184_22554073.jpg

火打石岳(988m)という名の通り、このあたりでは火打石の原料が取れたそうです。
途中休憩を挟み、ここの到着時刻は13:43です。
b0160184_22471054.jpg

途中の道にふきのとうがところどころ芽を出していました。
すこし採って、家に帰ってから酢味噌で食べてみたところとても美味しかったです^^
b0160184_2248731.jpg

明神ヶ岳までかなり近づいてきました。
b0160184_22501934.jpg

写真のコブのようになっているところが最初の金時山です。
あそこに登ってここまで来たんだ、と充実感がありました。
ただ、本当は晴れていれば金時山の裏に富士山が見えるはずでした・・。
うっすらと裾野が見えるだけです。
b0160184_22504382.jpg

大地のようになっているところが目指す明神ヶ岳(1169m)です。
b0160184_22482319.jpg

どんどん登っていくと風がかなり強くなりました。
ここから尾根道を気持ちよく歩いていくのを想像していましたが、
体が吹き飛ばされるのではないかと心配になるような強風でした。
b0160184_2249550.jpg

15:00、やっと明神ヶ岳に到着しました。
安堵感から明神ヶ岳そのものの看板の写真を撮り忘れました・・・。
b0160184_22524585.jpg

ここから最上寺というバス停があるところまで2時間くらい下りました。
この間もずっと泥どろの下り道。靴もスパッツも、泥だらけです。
b0160184_22531650.jpg

17:10、ようやく最上寺に到着しました。
b0160184_081250.jpg

万歩計を見ると3万歩に達していました。
[PR]
by tksnkm2 | 2010-03-17 00:27 | ハイキング