tks旅行記

<   2011年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧

尾瀬に行ってきました。

b0160184_23434826.jpg

先週、尾瀬に行ってきました。
b0160184_23385041.jpg

最初は至仏山に登る予定でしたが、雨のため、どうしようか考えていました。
鳩待峠から山の鼻というところまで歩いて、そこで決めようということになりました。
b0160184_2339156.jpg

登っても霧の中だろうし、岩がすべらないか心配だったため、断念しました。
一枚目のような雲の無い時間帯には、やはり登ればよかったと思いましたが、
そのあとまた大雨になったりしたので、行かなくて正解でした。
b0160184_2339163.jpg

オゼミズギクがたくさん咲いていました。
b0160184_23392813.jpg

ここには午後になるとおそらく羊草が咲くと思います。
羊の刻に咲くから羊草というそうです。
b0160184_23403346.jpg

実は今回の尾瀬でも失敗をしてしまいました。
b0160184_23411970.jpg

それはさきほどの山の鼻で木道コースを選んだ際、そこからのコースタイムを
読まずにゆっくり歩いてしまったのです。

全行程で歩いた距離は約23km。コースタイムどおりに行ったとしてもとても
バスの時間に間に合わないことが、折り返し点より先の東電小屋というところで
仲間の一人が発見してくれました。

そのことに気づいてから、コースタイムでたとえば1時間かかるところを30分で
歩きました。ノンストップで尾瀬の木道を歩いていくのは気持ちよかったですが、
せっかく午後になって咲いていた羊草の写真をゆっくり撮れなかったのが、いちばん残念でした。

いつでもコースタイムを見直す癖をつけないといけないなと思いました。
もし、山道だったらもっと大変なことです。
              
今回はバスの時間が14時10分発と限られていたこともあって、急いで歩いたのですが、
バスの来る鳩待峠への到着時間は13時30分で、ゆっくりビールを飲むことも出来ました。

鳩待峠で見知らぬ方と話をしたのですが、その方は至仏山に登られたそうです。
ただ、行く途中で岩が滑ってとても怖くて、途中で引き返してきたので
散々だった、と話していました。今回は最初から登るのをあきらめて良かったです。

b0160184_23421553.jpg

まだ時間がまずいことに気づいていない時に撮ったチョウジギク。
b0160184_23425184.jpg

[PR]
by tksnkm2 | 2011-08-28 00:24 | Comments(10)

塀の上の白黒猫

b0160184_14057.jpg

[PR]
by tksnkm2 | 2011-08-25 01:08 | Comments(1)

静岡で夏休み

妻の実家の庭には朝顔が見事に咲いていました。
b0160184_23305137.jpg

我が家でも育て始めているのですが、一向に咲く気配を見せないので
羨ましい限りです^^;
b0160184_23311299.jpg

庭にはガマの穂もなぜか咲いていました。
甥っ子に「因幡の白兎」の物語を読んでいた時に偶然、怪我をした兎に、
「ガマの穂の花粉を体につけると傷が癒される」という話が出てきて勉強になりました^^
b0160184_23313547.jpg

そして風船かずらで緑のカーテンのようにしていました。
こんな風に植物を育てられるようになりたいものです。
b0160184_23314924.jpg

義兄と甥っ子と出かけた海。貝殻を拾いました。貝殻の写真を撮り忘れました・・・。
津波が来たらどうなるか、と自然にそんな話題になりました。
目の前の海が巨大な津波になって家を襲うかもしれないということと
もしそれが襲ってきた時に見渡す限り平野の場所でどう逃げたらよいのか、
思いつきませんでした。甥っ子は無邪気に貝殻を必死で集めてました。
b0160184_23321284.jpg

帰りに静岡市に寄り道をしました。静岡市は妻も殆ど行ったことがないそうです。
b0160184_2333889.jpg

↓は何だと思いますか?
b0160184_23342993.jpg

答え:徳川家康ゆかりの駿府城跡地の城壁です。
改修工事をしていました。どの順番で積むのかなど識別するための記号なのだと思います。
城壁というのはとても複雑な計算のもとに作られているのかな、と思ったりしました。
b0160184_23345778.jpg

静岡市は昔からの城下町らしく江戸時代から続いているような、たとえば呉服町などの
地名が多くありました。信号機の交差点名も写るように撮ればよかったです^^;
b0160184_23573524.jpg

帰りにこんなお土産を買いました!!
b0160184_23595681.jpg

[PR]
by tksnkm2 | 2011-08-18 00:04 | Comments(12)

思いつきの大洗

ニュースで大洗の観光が減っているというのを聞きました。
大洗では何年も前にとても綺麗な朝焼けを見たのですが、
それを思い出して土曜の午後3時くらいに思い立って、
急遽レンタカーと宿をなんとか手配して行って来ました^^
夕方の時間帯の空いている高速道路がとても心地よかったです。

朝、4時くらいに起きて海岸の写真を撮ってみました。
b0160184_14175858.jpg

数年前のような綺麗な条件でとはいかなかったですが
b0160184_14182590.jpg

自分としてはこれはこれでよいかな、と思っています。
b0160184_148083.jpg

でもいつかまたもっと綺麗な朝焼けを撮ってみたいです。
b0160184_14124278.jpg

大洗の水族館はサメの種類が日本一豊富だそうです。
b0160184_1492667.jpg

↓はなんだと思いますか?スクリューみたいな形をしています。
b0160184_1410140.jpg


答えはコチラ
[PR]
by tksnkm2 | 2011-08-12 14:33 | Comments(10)

宝剣岳の雲海と反省

宝剣山荘で泊まった日の夜は霧に包まれて、星ひとつ見えませんでしたが、
次の日の朝は山々が見渡せるくらい、晴れていました。
b0160184_20194311.jpg

写真を撮っているのは午前5時くらいですが、
すでに雲がどんどん上がってきていました。
b0160184_20271418.jpg

日の出の時間をだいぶ過ぎてから、雲間から太陽が出てきました。
b0160184_20201626.jpg

朝食を食べ終わり、宝剣山荘から中岳という山へ向かいました。
今回は 宝剣山荘 → 中岳 → 駒ケ岳 → 濃ケ池 → 宝剣山荘 → 千畳敷カール 
という順路で向かう予定です。
b0160184_2020502.jpg

中岳に到着。
b0160184_20212072.jpg

中岳にはコマクサという花が点々と咲いていました。
この花が咲くまでには8年以上の歳月がかかるのだと教えてもらいました。
b0160184_20213877.jpg

これだけの高山の花はとてつもない努力の末に咲いているということです。
b0160184_2026653.jpg

一行は中岳から駒ケ岳という山を経て濃ケ池というところに向かいました。
b0160184_2133091.jpg

b0160184_20315977.jpg

下のほうに見えるのが目指す濃ケ池です。
b0160184_2145940.jpg

濃ケ池に到着。向こう側に見える山々を越えて降りてきました。
b0160184_2183494.jpg

濃ケ池から途中、本来であればアイゼンを装着して
雪渓を渡る予定でした。しかし、すでに殆ど溶けてしまっていたので
あきらめてそのまま渡りました。
b0160184_20232482.jpg

先日も紹介したかもしれませんが、下山中に咲いていたチングルマという花です。
↓は花が咲いているところ。
b0160184_20221071.jpg

そして↓は花が散った後です。種を飛ばすようです。
b0160184_20222331.jpg

↓の花はウスユキソウ。洋風に言うとエーデルワイスです。
b0160184_20225635.jpg


黄色い花(たぶんミヤマキンバイという花だと思います)の咲く先に、
目指す宝剣山荘が見えます。ここは駒ケ池という場所です。
ここではお昼ご飯を食べました。
b0160184_2112128.jpg

実はその1時間前、ここに一度たどりついていました。
しかしその時、上のほうは霧で包まれて、その上に何があるのか分かりませんでした。
ここにたどり着くまでの道は手持ちの地図には無い道で、
自分たちがたどり着いた場所がいったい地図上の何処で、
霧の先には何があるのか、分からなくなってしまったのです。
一行は一度、この場所から元の案内表示がある地点まで引き返しました。
そこで以前の地図の道が悪くなって閉鎖されて、山荘へ向かう新しい道を通ってきた
ことに気づいたのです。そしてまた同じ急な道を登り、↑の場所まで戻りました。
場所がわかって嬉しい反面、肉体的精神的にとても疲れ果てました・・・。

宝剣山荘を経て、下山しました。見下ろす先に見えるのが千畳敷カールです。
b0160184_20242125.jpg


地図は最新のものを持つ、最新情報をあらかじめ仕入れておくというのが
今回の教訓です・・・。
[PR]
by tksnkm2 | 2011-08-08 21:59 | Comments(6)

岩のぼりは面白い!

千畳敷カールから今日泊まる宝剣山荘まで登り、
そこに荷物を置かせてもらって、再び宝剣岳に登りました。
b0160184_02640100.jpg
岩登りは、他の人が登るのを見ていると大変そうに見えるのですが、
いざ登りはじめると腕も足も体も使う全身運動で、
岩の感触も心地よくて、思い出してもウキウキする感じです^^
とはいえ、過去にここで滑落されてお亡くなりになった方もいらっしゃるので、
油断はできません。
b0160184_23574721.jpg

山頂に到達した時の達成感がたまりません!
b0160184_2358228.jpg

険しい岩のところどころに高山植物か咲いています。
この花はイワベンケイという花でネーミングも含めて結構好きです。
b0160184_23584451.jpg

山小屋の夕飯はハンバーグでした。
b0160184_00630.jpg

山小屋の標高は約2900m。夕飯を食べ終わって7時くらいでしたが
部屋では飲食ができない上に疲れきっていたので、すぐに眠りに入りました。
でも11時には目が覚めてしまいました。
夜は良く眠りたいところなのですが、高山に加えて狭い部屋に人がたくさんいるためか、
息が苦しい感じがしました。2時間くらい寝付けませんでしたが、
明日に備えて痛み止めのロキソニンを飲んで数時間だけなんとか眠りました。
[PR]
by tksnkm2 | 2011-08-01 00:17 | Comments(4)