tks旅行記

ローライフレックスの夜

b0160184_11321514.jpg

夜、地面にカメラを置いてF3.5 1/2 で撮りました。
どこかに置けば手ブレはありません^^



ローライフレックスの年代表を見ていたら、
かなり昔のものでも1/300か1/500でした。
でもシャッタースピードのダイヤルは「60」という数値以上には回らないので、
こういうものなのだと思っていました。
この制約を乗り越えて楽しむか、カメラ屋さんに持ち込むか考え始めていたのですが、
今朝、カメラのダイヤルを回していたらシャッタースピード1秒のところから、
どんどん反対にダイヤルが回っていくことが分かりました。
反対にまわしていくと、1/500までメモリがありました!
このカメラは
1/60→1/30→1/15→1/8→1/4→1/2→1
→1/2→1/4→1/8→1/15→1/30→1/60→1/125→1/250→1/500
と言う風にダイヤルが回ることがわかりました。
1/60で止まる側は緑色の表示なのですが、
何故このようになっているのかは、分かりません。
またローライフレックスのロゴの下に確かにセレン受光部があるのですが、
露出計のスイッチはどうみても見当たらないです。
これもまた知らないだけなのかもしれないです^^;
露出計は別に購入したので、それを使っていくつもりです。

追記・・・
カメラ屋さんで聞いてみたところ、
最初に1/60だと思い込んでいたところが、
実はバルブ撮影用に使うものだと言うことが判明しました。
どうやら60秒、30秒、15秒、8秒、4秒、2秒、1秒、1/2秒、1/4秒・・・・
というダイヤルだったようです。とても単純な話でした。

それと露光部の件ですが、やはり露出計は別売りとのことです。
ただ実際には既に出回っていない状態であったとしても
質がよくないので、今使っている露出計を使ったほうが良いとのことです。
[PR]
by tksnkm2 | 2009-02-10 11:55